遺産相続

婚外子と婚内子で遺産相続の額

婚外子と婚内子で遺産相続の額が違って、
婚外子は婚内子の半分しかもらえないっていう民法の規定について
最高裁が違憲判決を出したのが問題になっていますが、

 

この問題の面白いところは

 

@この判決に従って、婚外子と婚内子を平等に扱ってしまうと日本の家族制度が崩壊してしまうという危惧

 

A子供にしてみれば婚外子で生まれてくるか婚内子で生まれてくるかなんて選べないんだから、そんなことで差別しないでよって話

 

この@とAのどちらを優先させるかという問題。
現実問題としては、すでに違憲判決が出ているのだから、@を優先させるなら、
憲法の方を変えなければいけないけど、憲法を変えるのは困難を極めるのでまあ無理だろうなあって話。

 

これは人によって受け止め方が違って、
やっぱり@の方が大事って言う人もいればAの方が大事って思う人もいる。
@を大事にする人っていうのはどちらかといえば保守的な思想で、
Aを大事にする人っていうのはどちらかといえばリベラルな思想の持主かな。

 

だから、保守とリベラルがよくわかんないって言うんだったら、
心理テストみたいに気軽にこの質問をぶつけてみればいい。

 

察しの通り僕はAの方ですけどねw

 

で、西田っていう自民党の議員が討論番組に出てきて、この問題を論じてたんだけど、
もちろん自民党だし、西田は根っからの保守なので@の主張者ですけど、
「正しい家族の在り方が崩壊する」的なことを言ってたんだよね。

 

でも、"正しい家族の在り方"ってなんなんだろう。
家族の数だけ家族の在り方はあると思うし、
そんなあんたらの理想を正しい家族の在り方として押し付けられたくはないね。
って相変わらず憤りを覚えた。